牛肉(内臓肉を含む) Beef

オーストラリア産牛肉の紹介と基本情報

日本の約20倍の広さのあるオーストラリアでは、約2,880万頭(2011年現在)もの牛が飼育されています。また、生産する牛肉の約2/3を輸出する世界最大級の牛肉輸出国でもあります。さらに、オーストラリアにとって最大の牛肉輸出市場は日本であり、日本のお客様のさまざまなご希望に合わせて牛肉を生産しております。

肉牛の飼育方法

肉牛の育て方の違いにより大きく下記のように分かれます。

グラスフェッドビーフ(牧草肥育牛肉)
大自然に育まれた栄養豊かな牧草(Grass)により育てられた、赤みがおいしい牛肉です。
グレインフェッドビーフ(穀物肥育牛肉)
穀物飼料(Grain)により肥育(最低100日)された牛肉で、ジューシーで柔らかいのが特徴です。
脂肪交雑もほどよく入った、日本向けに開発された牛肉です。
代表的な肉牛の品種

アンガス種、ヘレフォード種、ショートホーン種等

飼料作物の主な種類
牧草
フェスク、ライグラス、ルーサン等。 イネ科、マメ科の植物を単独もしくは混播し、肉牛に良質な牧草を与えております。
穀物
ソルガム、小麦、大麦、トウモロコシ等。蒸して圧片し、消化しやすい状態にして肉牛に与えています。
トウモロコシは、サイレージにして与えています。肉牛の肥育施設(フィードロット)や季節により穀物の種類は異なります。

その他詳しい部位情報はこちら(オーストラリア産食肉ハンドブック)

テンダープラス・ブランドのこだわり

テンダープラス・ブランドのこだわり

弊社、オーストラリア工場では、畜産農家や大手食肉工場とタイアップしながら、年間を通して、安定した品質の牛肉をフードサービス業界に供給しております。
特に、牛肉のグレーディングにはこだわっており、弊社独自のシステムにより、担当者が部位ごとに選別しております。
弊社日本事務所では、現地工場で生産されました牛肉のポーションカット及び、特殊なカットをユーザー規格にて対応しております。
また、弊社ブランドのみならず、商社機能として、オーストラリアの有名ブランドの牛肉も幅広く扱っており、お取引先様のご要望にお応えしております。

商品紹介

商品名 商品画像 ブランド 温度帯 商品説明
チルドビーフ フルセット 12部位チルドビーフ フルセット 12部位チルドビーフ フルセット 12部位チルドビーフ フルセット 12部位

原産国: オーストラリア

ピース重量: 部位により異なります。

カートン入数: 部位、ブランドにより異なります。

商品説明:

日本向けチルドビーフ、基本の12部位です。 単品での購入も可能です。 部位の詳しい説明は、上部の「詳しい部位情報」にて、ご確認可能です。

ブラックアンガスビーフ OPリブブラックアンガスビーフ OPリブブラックアンガスビーフ OPリブブラックアンガスビーフ OPリブ

原産国:オーストラリア
ピース重量:6.0-9.0㎏
カートン入数:2ピース
商品説明:
オーストラリアで栄養価の高い穀物で肥育された牛肉のOPリブ(骨付きリブロース)です。工場で約4週間熟成した熟成冷凍ですので、やわらかくジューシーです。また、チルドでの対応も可能です。

Page top