アメリカ産牛肉 American Beef

アメリカ産牛肉(内臓肉を含む) American Beef

AMERICAN BEEF,We Care. アメリカ産牛肉の紹介と基本情報(米国食肉輸出連合会)

アメリカン・ビーフは、通常150日前後、トウモロコシなどの穀物で肥育された肉牛から作られており、商品には、チルド(冷蔵)とフローズン(冷凍)があります。チルドのアメリカン・ビーフは、主に海上輸送により日本に輸入されております。つまり、アメリカ国内の食肉工場で海上輸送用のコンテナーに積み込まれたお肉が日本の港に着くまで一度も外気に触れることなく良い状態を保ちながら輸送途中に熟成させることにより、ジューシーでやわらかな旨味が深まるのです。

穀物肥育

アメリカン・ビーフは、良質の穀物で育てられています。穀物は、アメリカの肥沃な穀物生産地帯で収穫されるナチュラルで良質なトウモロコシ、小麦、大豆などの栄養豊かで品質の良いものばかりです。また、肉牛は、豊かで清らかな水に恵まれた広大な大地とさわやかで乾燥した気候で健康的に育てられています。

低脂肪・低カロリー

アメリカン・ビーフは、低脂肪で低カロリー、やわらかくておいしい赤身肉です。さらに、身体に吸収されやすい鉄分(ヘム鉄)、必須アミノ酸が豊富な良質タンパク質、美容と健康になくてはならないビタミンB群、新陳代謝を促し味覚を正常に保つ亜鉛など身体に必要な栄養素がたっぷりと含まれています。

単品供給=価値のあるスペック

アメリカン・ビーフは、「必要な部位」のみを単品での供給が可能です。ニーズに合わせた細やかなカット規格があり、加工がしやすくロスが少ない、歩留まりの良い商品となっております。

格付け・等級

アメリカン・ビーフの格付けは、政府によって下記のように定められております。

格付け・等級

スイフト社ブラックアンガスビーフ

スイフト社ブラックアンガスビーフ

弊社では、アメリカン・ビーフの中でも、ブラックアンガスビーフにこだわっております。

スイフト・ブラックアンガスビーフのブランドで出荷される枝肉は、USDA(アメリカ合衆国農務省)による厳しい認定を経て、さらなる選別のあと、その基準に合致した牛肉のみ整形・パックされます。このように、いくつかの厳しい品質基準により、ジューシーで豊潤な香りのスイフト・ブラックアンガスビーフを皆様にお届けできるのです。

弊社が扱う代表的な部位(ブラックアンガス及び他等級グレード)
牛肉部位
・ストリップロイン
・リブアイロールリップオン
・テンダーロイン
・チャックフラップ
・チャックアイロール
・トップブレード(ミスジ)
・骨付きショートロインステーキ(T-ボーン及び、L-ボーンステーキ)
・骨付きショートロイン(左記ステーキ用原木)
牛肉内臓
・アウトサイドスカート(内臓肉)
・ハンギングテンダー(内臓肉)
・タン

サーティファイド・アンガス・ビーフ®(CAB)

サーティファイド・アンガス・ビーフ®(CAB)

CABが支持される、おいしさの理由

サーティファイド・アンガス・ビーフ®(CAB)とは、肉用牛として高い評価を誇るアンガス種に限定されているだけではなく、その品質には米国農務省(USDA)の格付けよりもさらに厳しい基準が適用されているアンガス種のビーフの事です。
つまり、CABは、米国農務省の格付けであるPrime(プライム)、Choice(チョイス)、Select(セレクト)よりも厳しい品質基準が設定されておりそれゆえ、CAB認定のアンガス・ビーフは、そのおいしさを堪 能できる品質が保証されているのです。

CABが支持される、おいしさの理由として、下記が挙げられます。
・脂肪交雑が「適度(モデスト)」以上である(プライムとトップチョイスのみ)。
・脂肪のキメが、「標準」から「細かい」の間である。
・成熟度「A」のものだけに選別されている。
・リブ芯の大きさが、約65~103Cm2である。
・と畜直後の枝肉重量が、約475キロ以下である。
・脂肪厚が、約2.5Cm以下である。
・乳用種の肉の特性がない。
・血斑や断面の黒ずみを取り除かれている。

詳しい部位等については、弊社までお問い合わせください。

Page top